無呼吸症候群対策のマウスピースの作り方

保険適用の無呼吸マウスピース作りは時間がかかる

マウスピース,無呼吸症候群,対策,作り方

無呼吸症候群は、睡眠中に気道が狭くなることによって発生します。

 

気道が狭くなることで、激しいいびきをかくようになります。

 

いびきの危険性については、認知が広がっており、その治療にはマウスピースの使用が効果的であることも知られるようになっています。

 

医療用のマウスピースは、それぞれの顔やあごの形にそって作成されます。

 

マウスピースの作り方としては、病院に受診して、そこから紹介された歯科医などで作成してもらう方法がもっとも一般的でしょう。


無呼吸対策のマウスピースは自分でも作れる?

マウスピース,無呼吸症候群,対策,作り方

病院で作る場合には、保険が適用されるかどうかが重要です。

 

いびき全般に健康保険が適用されるわけではなく、睡眠時無呼吸症候群と診断されないと、マウスピースの作成で保険は下りません。

 

総合病院の専門外来か睡眠専門のクリニック、歯科医、または耳鼻咽喉科でも可能であることがあります。

 

診察からマウスピース作成までは、健康保険適用でおよそ3万円から4万円ほどかかります。

 

市販のマウスピース作成キットでも作ることができます。

 

コスト面では自分で作る方が安くなります。市販のマウスピースの作り方は、メーカーで多少異なりますが、おおむね同じ手順です。

 

上下のそれぞれのピースの奥歯部分を組み立てて、マウスピースをお湯につけて柔らかくし、それを口の中に入れて、上下がくっつくように強く噛みます。

 

すると自分の口の形にあったものが出来上がります。

 

大体、このような作り方で完成しますが、いったん出来上がったものを再度作り直すことは困難で、お湯に入れても戻らない場合が多いので、失敗しないようにしましょう。

 

スポーツ用のマウスピースも、ほぼ同様の作り方で、選手やコーチなどが作成しています。


マウスピースは歯ぎしり対策にも使えます。

マウスピース,無呼吸症候群,対策,作り方

睡眠時無呼吸症候群であるかどうかは、睡眠ポリグラフィと呼ばれる検査で脳波などを調査することによって診断します。

 

病院の紹介などによって歯科医で作成するものは、プロがオーダーメイドで作るものなので、市販のキットなどで作成したものよりも不具合が少なく、歯ぎしりの防止にも効果的です。

 

下あごと上あごの具合を見て、下あごを前に出すような形で噛み合わせを確認して作成するので、安心できます。

 

いびきは歯ぎしりを伴うことも多いため、両方の症状がある場合にはマウスピースは高い効果があります。

 

多少の出費は覚悟して、病院でオーダーメイドして方が費用に対する効果は高いでしょう。

 

市販のキットは楽天やAmazonなどの通販でも入手可能です。


スポンサーリンク

関連ページ

マウスピースで無呼吸対策(動画あり)
無呼吸やいびきの原因は、アゴ周りの脂肪の他に、寝ているときに筋肉がゆるんで重力が加わり、気道が圧迫されることで起こります。マウスピースを使うと重力が加わりやすい仰向けで寝ていても下あごが下がらないようになります。すると気道が十分に確保され、空気の通りが楽になり無呼吸やいびきが起こりにくくなるのです。
無呼吸症候群対策のマウスピースの値段はいくらから?
マウスピースでいびきや無呼吸の対策を行うことができます。アマゾンや楽天で購入可能なものから、ちゃんと歯医者さんで処方してもらうものまで多種多様です。保険適用のものから保険適用外のものまで、色々あります。マウスピースで無呼吸やいびきの対策を行う方法をご紹介します。
マウスピースで無呼吸対策は保険適用?
マウスピースで無呼吸対策をする場合、その費用について気になるところですね。無呼吸治療に用いられるマウスピースはスリープスプリントと言われています。無呼吸治療に有効とされるマウスピースには保険適用になるものとならないものがあります。保険適用になるものでも、入手するまでに複数の病院、歯科医院を受診する必要があります。
マウスピースでいびき対策は必須?CPAPは電気がないと使えない。
平成28年熊本地震。余震が続いており、状況はまだ落ち着かないですね。被害も拡大しているようで、予断を許さない状況です。被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。CPAPを使ったいびきや無呼吸対策では、電気が必須のインフラになります。ライフラインが止まった時にどのようにいびき対策を行うべきかを考えてみました。
マウスピースでの無呼吸対策は長期戦!口腔ケアもしっかりと!
マウスピースでのいびきや無呼吸対策は、長期戦を覚悟する必要があります。デリケートな口腔装具ですからね。マウスピースは歯科医による微調整が必要なため、具体的に行動してから、一連の作業が終わるまで、2−3週間。歯石等の付着状況よって、装着時の安定感が変わってくるため、定期的な口の中のメンテナンスが必要です。
マウスピースでいびき対策が有効な人はこんな人!
いびきの対策グッズにマウスピースがありますね。マウスピースでいびき対策をする場合、どんな人に有効なんでしょうかね。痩せている人には特に有効な対策法だと思います。睡眠時無呼吸症候群の兆候があれば保険適用になりますからね。CPAPを求めて無呼吸外来に行ってCPAPが処方にならずに肩透かしを食らってしまった人には特におすすめです。
無呼吸症候群を治すマウスピースは通販でも大丈夫?
マウスピースでいびきや無呼吸の対策を行うことができます。アマゾンや楽天で購入可能なものから、ちゃんと歯医者さんで処方してもらうものまで多種多様です。保険適用のものから保険適用外のものまで、色々あります。マウスピースで無呼吸やいびきの対策を行う方法をご紹介します。
保険適用外の無呼吸症候群克服マウスピース
マウスピースでいびきや無呼吸の対策を行うことができます。アマゾンや楽天で購入可能なものから、ちゃんと歯医者さんで処方してもらうものまで多種多様です。保険適用のものから保険適用外のものまで、色々あります。マウスピースで無呼吸やいびきの対策を行う方法をご紹介します。