CPAPを使わない睡眠時無呼吸症候群の対策となるグッズ枕

睡眠時無呼吸症候群を治すのに一般的な方法として知られているのが、鼻に呼吸器をつけて寝るCPAPと呼ばれる方法と、マウスピースを付けて寝るという方法です。

 

軽度のものはマウスピースを装着して寝ることで改善されますが、重度の場合には呼吸器を使う方法が適しています。

 

それだけでなく、枕の高さを調整することでも睡眠時無呼吸症候群の治療に効果を発揮します。

 

睡眠時無呼吸症候群は、就寝中に呼吸が止まってしまう睡眠障害ですが、様々な要因によって鼻や口、肺を通る気道が狭くなることによって引き起こされます。

 

この気道は、枕の高さの調整によって広げることが可能です。

 

近年では無呼吸症候群の人向けのグッズ枕も多彩なものが販売されています。

 

家庭内別居!旅行への不参加!夫婦間のギクシャク!結婚できない理由!これで解決!【たった30秒!いびき対策専用枕!】

 

枕が高すぎる、もしくは低すぎると、首の角度が不自然になり、結果として気道が狭くなります。

 

合わない高さの枕だといびきをかきやすいとよく言いますが、それは首の角度によるものであることが多くあります。

 

一般的には、枕の高さが5ミリ違うだけで気道の広さが違うと言われています。

 

自分にとってベストの高さの枕から5ミリ高い、もしくは低いだけで気道が狭くなって無呼吸の回数が増えるとされています。

 

睡眠時無呼吸症候群の特徴として、激しいいびきがあります。一般的に女性よりも男性の方がいびきの程度が激しく、特に対処しなければひどくなる一方です。

 

いびきは熟睡している証拠と言われることもありますが、これは大きな勘違いです。

 

いびきが出るということは呼吸がしづらくなっているということで、たとえば夫のいびきが大きくなってきたと思ったら、パートナーの女性は単にうるさいなどと文句を言うのではなく、睡眠時無呼吸症候群を心配すべきです。

 

グッズ枕は数多くの商品がネットでも販売されています。

 

いびきケア専用枕【天使の寝息】の詳細はコチラ

 

毎日誰もが使う枕ですが、これを気道を確保できるグッズ枕に替えるだけで劇的に改善することがあります。

 

たとえばドイツでは、医学用の枕を開発する専門のメーカーがあり、日本にも販売を開始しています。

 

整形外科的な根拠に基づき、正しい横向きでの睡眠を実現するための枕です

 

。いびきの改善に対する実績が認められて、国際ブランドに関する賞も受賞しています。

 

いびきの解消には、横向きで寝ることが良いとされています。

 

オーダーメイド式の枕であるため、安眠グッズとしての人気も高いものがあります。

 

素材や形にもこだわっていて、その人に合わせた心地よい眠りを提供してくれるグッズ枕です。

 

スポーツ選手愛用者多数!お買いものついでにオーダー枕がつくれちゃう!

スポンサーリンク

関連ページ

無呼吸症候群に効果的な眠り方と枕
睡眠時無呼吸症候群は、特に仰向けに寝る時に舌や喉の脂肪などが下がってきて気道を塞いでしまう事で起こっています。それでこの改善策として、寝る時の姿勢を工夫してみるといいですよ。
睡眠時無呼吸症候群の改善には枕を替えてみよう
無呼吸症候群やいびきの対策に効果のある枕について、口コミや評判をご紹介します。一口に枕といっても、形や材質などで、寝心地も違いますし、使う人との相性もありますよね。いびきや無呼吸対策に有用な枕について考えてみたいと思います。
無呼吸症候群対策の第一歩は枕や寝方を工夫して横向きで寝ること!
睡眠時無呼吸症候群の9割は、閉塞性睡眠時無呼吸タイプです。基本的に太りすぎが原因であると考えればいいでしょう。閉塞性睡眠時無呼吸タイプの場合は、仰向けに寝た場合、大いびきをかき、横向きに眠るといびきがおさまりやすいので、積極的な横向き寝が無呼吸対策の第一歩ということができますね。
無呼吸症候群の防止に役立つ枕とは?
無呼吸症候群やいびきの対策に効果のある枕について、口コミや評判をご紹介します。一口に枕といっても、形や材質などで、寝心地も違いますし、使う人との相性もありますよね。いびきや無呼吸対策に有用な枕について考えてみたいと思います。
無呼吸症候群の対策に重要な枕選びのポイント
無呼吸症候群やいびきの対策に効果のある枕について、口コミや評判をご紹介します。一口に枕といっても、形や材質などで、寝心地も違いますし、使う人との相性もありますよね。いびきや無呼吸対策に有用な枕について考えてみたいと思います。
無呼吸にかかわらず妊娠中の女性は横向き枕が必須
妊娠中の女性、特に、お腹が目立ちだしたら、横向きに寝ることは必須ですね。私の嫁も、横向きに眠っていましたよ。お腹が大きくなってきたら、苦しくて仰向けで眠れないとのことです。そういった妊娠中の女性にもイビキや無呼吸対策枕はオススメできます。旦那さんも嫁さんをいたわるのであれば横向きに適した枕を買ってあげましょう!
枕で行う睡眠時無呼吸対策は、高さが重要!眠る姿勢も意識して!
無呼吸症候群やいびきの対策に効果のある枕について、口コミや評判をご紹介します。一口に枕といっても、形や材質などで、寝心地も違いますし、使う人との相性もありますよね。いびきや無呼吸対策に有用な枕について考えてみたいと思います。
無呼吸対策は「だきまくら」もあり!自然な横向き寝を実現しよう!
睡眠時無呼吸症候群対策では、横向き寝が推奨されていますよね。いびき対策枕もいろいろ販売されていますが、「だきまくら」も候補に入れてみるといいですよ!だきまくらは色んな種類が売られていて、選ぶのにも一苦労!そこで、今回は、横向き寝に最適なだきまくらを検証してみました。おすすめ枕も紹介していますよ!