睡眠時無呼吸症候群の改善には枕を替えてみよう

無呼吸症候群,枕,効果,口コミ,評判

睡眠時無呼吸症候群は寝ている間に呼吸が止まってしまう症状であり、これを放置すると様々な悪影響を身体にもたらします。悪影響をもたらす原因のひとつが枕です。

 

枕の高さが合わないために、息の通り道である気道がふさがれてしまって、無呼吸の状態に陥るというケースが多くあります。

 

無呼吸症候群,枕,効果,口コミ,評判

 

枕を改善することで、睡眠時無呼吸症候群の改善・予防に効果を発揮します。

 

睡眠時無呼吸症候群は、空気の通り道である上気道という管が閉塞することによって起こります。

 

閉塞する原因としては、首回りの脂肪が沈着することや、扁桃腺が肥大すること、また気道へ舌が沈み込むなどが挙げられます。
肥満による原因も多くありますが、日本人のなかには肥満でなくても、顎が小さいために気道がふさがれやすい傾向のある人が多いとされています。

 

睡眠時無呼吸症候群の患者全てが太っているというわけではないのです。

 

この症候群は、様々な症状を伴います。

 

寝ている最中に大きないびきが出ることが特徴ですが、自覚症状として、日中の激しい眠気、起床したときの頭痛、中途覚醒、またインポテンツなどがあります。

 

無呼吸症候群,枕,効果,口コミ,評判

 

高血圧や糖尿病などの生活習慣病の悪化の原因ともなり、狭心症や心筋梗塞などのリスクを高めます。

 

睡眠時無呼吸症候群の改善には、枕の高さの調節によって可能であることが多くあります。

 

枕が高すぎると、首が折れ曲がってしまって気道がふさがれますし、低すぎると頸椎が反り返ってしまって、これも気道をふさぐことになります。

 

この症候群を専門に研究している学者によると、枕の高さは5ミリ違っただけでも気道の広さは違ってくるとされています。

 

枕の改善で気を付けたいのは、高すぎず低すぎずというちょうどいい高さのものを選びましょう。

 

横向きに寝たときに頭から首、背骨がまっすぐになる高さがちょうどいいと言われています。

 

また、寝返りが打ちやすい枕も効果的です。

 

低反発枕は寝やすいとして評判ですが、むしろ高反発の方が睡眠時無呼吸症候群の改善には効果があります。

 

枕の素材として勧められるのは、硬い素材です。

 

中の素材が柔らかすぎると頭が沈み込んでしまうため、気道が確保されません。

 

なるべく頭が沈み込まないような素材を選びましょう。そば殻の枕がいいとされています。

 

また、枕なしの睡眠にも効果があるとされています。

 

枕を使うことで首が曲がるためにのどが圧迫されますが、枕がないとそういうことは起きません。

 

枕がない状態だと鼻腔も上を向くため、呼吸がしやすくなります。


スポンサーリンク

関連ページ

無呼吸症候群に効果的な眠り方と枕
睡眠時無呼吸症候群は、特に仰向けに寝る時に舌や喉の脂肪などが下がってきて気道を塞いでしまう事で起こっています。それでこの改善策として、寝る時の姿勢を工夫してみるといいですよ。
無呼吸症候群対策の第一歩は枕や寝方を工夫して横向きで寝ること!
睡眠時無呼吸症候群の9割は、閉塞性睡眠時無呼吸タイプです。基本的に太りすぎが原因であると考えればいいでしょう。閉塞性睡眠時無呼吸タイプの場合は、仰向けに寝た場合、大いびきをかき、横向きに眠るといびきがおさまりやすいので、積極的な横向き寝が無呼吸対策の第一歩ということができますね。
無呼吸症候群の防止に役立つ枕とは?
無呼吸症候群やいびきの対策に効果のある枕について、口コミや評判をご紹介します。一口に枕といっても、形や材質などで、寝心地も違いますし、使う人との相性もありますよね。いびきや無呼吸対策に有用な枕について考えてみたいと思います。
CPAPを使わない睡眠時無呼吸症候群の対策となるグッズ枕
無呼吸症候群やいびきの対策に効果のある枕について、口コミや評判をご紹介します。一口に枕といっても、形や材質などで、寝心地も違いますし、使う人との相性もありますよね。いびきや無呼吸対策に有用な枕について考えてみたいと思います。
無呼吸症候群の対策に重要な枕選びのポイント
無呼吸症候群やいびきの対策に効果のある枕について、口コミや評判をご紹介します。一口に枕といっても、形や材質などで、寝心地も違いますし、使う人との相性もありますよね。いびきや無呼吸対策に有用な枕について考えてみたいと思います。
無呼吸にかかわらず妊娠中の女性は横向き枕が必須
妊娠中の女性、特に、お腹が目立ちだしたら、横向きに寝ることは必須ですね。私の嫁も、横向きに眠っていましたよ。お腹が大きくなってきたら、苦しくて仰向けで眠れないとのことです。そういった妊娠中の女性にもイビキや無呼吸対策枕はオススメできます。旦那さんも嫁さんをいたわるのであれば横向きに適した枕を買ってあげましょう!
枕で行う睡眠時無呼吸対策は、高さが重要!眠る姿勢も意識して!
無呼吸症候群やいびきの対策に効果のある枕について、口コミや評判をご紹介します。一口に枕といっても、形や材質などで、寝心地も違いますし、使う人との相性もありますよね。いびきや無呼吸対策に有用な枕について考えてみたいと思います。
無呼吸対策は「だきまくら」もあり!自然な横向き寝を実現しよう!
睡眠時無呼吸症候群対策では、横向き寝が推奨されていますよね。いびき対策枕もいろいろ販売されていますが、「だきまくら」も候補に入れてみるといいですよ!だきまくらは色んな種類が売られていて、選ぶのにも一苦労!そこで、今回は、横向き寝に最適なだきまくらを検証してみました。おすすめ枕も紹介していますよ!