睡眠時無呼吸症候群は睡眠障害!克服すれば人生が変わる!

睡眠時無呼吸症候群は睡眠障害!克服すれば人生が変わる!

睡眠時無呼吸症候群やいびきを克服して、睡眠の質が改善すると、体にも大きな変化が現れます。CPAPでも、枕でも、マウスピースでも、サプリでも何でもいいです。とにかく、無呼吸やいびきを克服することが大切です。

 

いびきや無呼吸を改善しないことには、よい人生は歩めないといっても過言ではありません。ここでは、それらを克服することで起こるよい変化についていろいろと探ってみたいと思います。

 

眠りの質は、生活習慣とセットです。よい眠りは、生活習慣を改めないと得られないことも多いです。逆に、生活習慣の改善は、よい眠りによって得られることも多いです。


眠りの質の向上が先か、生活習慣の見直しが先か?

卵が先か、鶏が先か?の議論に似ていますね。

 

眠りの質の向上が先か、生活習慣の見直しが先か?

 

これは、どちらも同時に行うことが正解です。ただ、今まで、眠りの質が悪かったために、生活習慣が乱れていたということも考えられます。

 

いびきや無呼吸により睡眠不足が続くと、意志と関係ないところで、体が勝手に悪い生活習慣を求めるということも起こりえます。

 

眠りを改善し、生活習慣を改めることで、どんな良いことが待っているのか?


睡眠の質が向上することで得られるメリット!

睡眠の質が向上することで得られるメリットとしては、

  • ダイエットしやすい体になる。
  • 見た目が若返る
  • 老化を遅らせることができる
  • 冷え性が改善する
  • 肌がきれいになる
  • 風邪を引きにくくなる
  • 仕事のパフォーマンスが上がって周囲の評価も上がる
  • 糖質依存症が解消する。
  • 集中力や注意力があがり、正しい決断ができるようになる

などがあげられます。

 

なかなか侮れませんよね。これらのメリットを享受するために、色々な努力をされている方も多いと思います。

 

ダイエットするためにジムで運動したり、美白のための化粧品を使ったり、仕事のパフォーマンスを上げるために、栄養ドリンクを飲んでみたり。

 

ただ、睡眠の質にフォーカスしないとそれらの努力が無駄になってしまう。そこんところを肝に銘じて無呼吸やいびきの改善に取り組んでほしいと思います。


スポンサーリンク

関連ページ

まず見直すべきは、睡眠時間!睡眠のコアタイムを意識する
眠りの時間にはコアタイムがあるそうです。コアタイムとは、この時間は絶対に眠るべしという時間です。最近の研究では、3-3-7拍子を意識することが重要と言われています。もちろん、これらの眠っている時間は、CPAPやマウスピース、枕などで、いびき対策・無呼吸対策を行っていることが前提ですよ!
無呼吸症以外の人も必見!睡眠の質を維持するための休日の寝方。
睡眠の質を維持するのは日々の生活習慣が大切です。そんなこたーわかってますよね。でも、具体的な眠り方ってなかなか意識しづらいですよね。寝てるんですから。休日に朝寝坊は最高の贅沢です。普段の疲れをいやすためにもしっかり眠りたいところですね。「メラトニン」の分泌調節を知ることで、休日の睡眠を改善させる方法をご紹介しますね。
子供と一緒に寝ているお母さんは要注意!睡眠不足は虐待の原因にも?
小さい子供がいるご夫婦で、旦那のいびき対策を実施して、それで睡眠を邪魔されることはなくなったが、実は、子供が奥さんの睡眠を害していると考えられる家族に向けた記事です。奥さんの心と体の健康は子供に大きな影響を及ぼすことを知ってほしいです。虐待や、うつ病等の誘発原因になりうるから真剣に考えていきましょう!。
睡眠時無呼吸症候群による睡眠不足が子育てに与える悪影響!虐待の原因にも?
子どもとの関係で悩んでいる親御さんがいたら、ぜひとも、ご自身の睡眠に目を向けて、積極的な睡眠対策をなさることをおすすめしたいです。あなたがしっかり眠ることで、穏やかな心で子どもと接することができます。家族の平和、子どもの健やかな成長には、親がしっかり眠っていることが大切なことです。たかが睡眠と侮らないでくださいね。
朝一番の味噌汁が睡眠の質を向上させる?トリプトファンの効果!
いびきや無呼吸を克服すると睡眠の質が劇的に変化して、体にいい影響を及ぼすことが知られています。睡as睡眠の質が改善する生活習慣について探ってみましょう!無呼吸やいびきは克服して、生活習慣の見直しを図って損はありませんぞ!
いびき克服、CPAP卒業に向けた運動を習慣化する方法
いびきや無呼吸を克服すると睡眠の質が劇的に変化して、体にいい影響を及ぼすことが知られています。睡眠は人生の3分の1を占める重要な時間です。睡眠の質が改善する生活習慣について探ってみましょう!無呼吸やいびきは克服して、生活習慣の見直しを図って損はありませんぞ!