まず見直すべきは、睡眠時間!睡眠のコアタイムを意識する

睡眠はやみくもにとればいいというものじゃない!

眠りの時間にはコアタイムがあるそうです。コアタイムとは、この時間は絶対に眠るべしという時間です。

 

最近の研究では、3-3-7拍子を意識することが重要と言われています。

 

 

3:入眠後連続3時間は眠る!
3:午前3時は絶対に眠っている!
7:7時間の睡眠時間を確保する!

 

ということです。

 

もちろん、これらの眠っている時間は、CPAPやマウスピース、枕などで、いびき対策・無呼吸対策を行っていることが前提ですよ!


眠り方を意識するとやせやすくなる?

睡眠時間を確保して、3-3-7拍子を意識すると、眠りの質に加えて、量も確保されるので、体調が目に見えてよくなってきます。

 

成長ホルモンとコルチゾールの分泌交代が自然に行われるため、目覚めもスッキリ!起きた後の爽快感が違ってきます。

 

夜型の人や、生活習慣が不規則で十分に睡眠時間が確保できないという人もいるかもしれません。

 

また、若い人で、少々無理をしても問題ないと思っている人もいるかもしれません。

 

これらの無理は、後々の健康に大きな影響を及ぼすことが知られています。健康を損なってから後悔しても遅いです。

 

今のうちに生活習慣を整えて、よい睡眠がとれるよう少しずつ改めていくことをおすすめします。頑張りましょうね!


スポンサーリンク

関連ページ

睡眠時無呼吸症候群は睡眠障害!克服すれば人生が変わる!
睡眠時無呼吸症候群やいびきは睡眠障害です。睡眠障害を克服すると睡眠の質が劇的に変化して、体にいい影響を及ぼすことが知られています。睡眠は人生の3分の1を占める重要な時間です。睡眠の質が改善するとどのようなメリットがあるのかを探ってみました。無呼吸やいびきは克服して損はありませんぞ!頑張りましょう!
無呼吸症以外の人も必見!睡眠の質を維持するための休日の寝方。
睡眠の質を維持するのは日々の生活習慣が大切です。そんなこたーわかってますよね。でも、具体的な眠り方ってなかなか意識しづらいですよね。寝てるんですから。休日に朝寝坊は最高の贅沢です。普段の疲れをいやすためにもしっかり眠りたいところですね。「メラトニン」の分泌調節を知ることで、休日の睡眠を改善させる方法をご紹介しますね。
子供と一緒に寝ているお母さんは要注意!睡眠不足は虐待の原因にも?
小さい子供がいるご夫婦で、旦那のいびき対策を実施して、それで睡眠を邪魔されることはなくなったが、実は、子供が奥さんの睡眠を害していると考えられる家族に向けた記事です。奥さんの心と体の健康は子供に大きな影響を及ぼすことを知ってほしいです。虐待や、うつ病等の誘発原因になりうるから真剣に考えていきましょう!。
睡眠時無呼吸症候群による睡眠不足が子育てに与える悪影響!虐待の原因にも?
子どもとの関係で悩んでいる親御さんがいたら、ぜひとも、ご自身の睡眠に目を向けて、積極的な睡眠対策をなさることをおすすめしたいです。あなたがしっかり眠ることで、穏やかな心で子どもと接することができます。家族の平和、子どもの健やかな成長には、親がしっかり眠っていることが大切なことです。たかが睡眠と侮らないでくださいね。
朝一番の味噌汁が睡眠の質を向上させる?トリプトファンの効果!
いびきや無呼吸を克服すると睡眠の質が劇的に変化して、体にいい影響を及ぼすことが知られています。睡as睡眠の質が改善する生活習慣について探ってみましょう!無呼吸やいびきは克服して、生活習慣の見直しを図って損はありませんぞ!
いびき克服、CPAP卒業に向けた運動を習慣化する方法
いびきや無呼吸を克服すると睡眠の質が劇的に変化して、体にいい影響を及ぼすことが知られています。睡眠は人生の3分の1を占める重要な時間です。睡眠の質が改善する生活習慣について探ってみましょう!無呼吸やいびきは克服して、生活習慣の見直しを図って損はありませんぞ!