子どものいびきを甘く見ちゃダメ!人生を左右する事態にも!

子どもの睡眠障害は大人以上に深刻ですよ!

子ども,いびき,睡眠時無呼吸症候群,対策

子どものいびき対策は重要です。子どもの人生を左右するくらいに大切なことです。たかがいびきと侮らず、しっかり対策をすることが親の務めですよね。

 

成長過程にある子どものいびきは、実は大人よりもたちが悪いんですね。子どもの心と体の発育に深刻な影響を及ぼすことがあるからです。

 

子どもたちは、これから大きく成長して、自立した大人になる必要がありますよね。私たち、親の期待も大きいことでしょう!それが、いびきによって妨げられるとしたら、対策しないわけにはいかないですよね。

 

いびきが子どものからだに及ぼす悪影響の一つは十分な睡眠がとれなくなるということです。

 

それに伴い、成長ホルモンの分泌阻害が起こります。成長ホルモンは、深い眠りがないと分泌されづらいホルモンです。

 

いびきによって睡眠が十分にとれないと、成長ホルモンの分泌が阻害されることになることは、容易に想像できますよね?

 

子どもは日々成長しているわけですから成長ホルモンの分泌の影響を大人よりも多く受けます。

 

睡眠が阻害されて子どもの成長が妨げられると、無気力になり、偏食になり、対人関係、学業に大きな影響が出ることになります。

 

そのまま不登校や引きこもりの原因になりうる恐ろしい症状なんですね。


そのおねしょ、いびきが原因かも?

子ども,いびき,睡眠時無呼吸症候群,対策

子どものいびきを放置することは、親の監督責任を問われる重大事項と考えてよいですね。

 

さらに、いびきや無呼吸が慢性化してくると、大きくなってもおねしょがとまらないことがあります。

 

ある程度の年齢(5歳以上)になってもおねしょが止まらない場合、いびきや睡眠時無呼吸症候群を疑ったほうが良いですよ。

 

これらの症状は、決して子どもの責任じゃありません。どうか、子どもがおねしょをしても叱らないであげてください!

 

親がしっかりと子どもを観察し、対策を施すことで防ぐことができるんですから。

 

そこんところを認識して、子どもの健康な発育を見守っていただきたいと思います。


子どもの健康は親の責任!しっかり観察しましょう!

子ども,いびき,睡眠時無呼吸症候群,対策

子どものいびきの原因は、ほとんどの場合、のど周囲の組織(扁桃とアデノイド)の肥大です。

 

これに、鼻周囲の異常、肥満が加わることになります。

 

子どもは体の不調を言葉で表現することがあまりできませんので、しっかり親が観察しておく必要がありますよ。

 

子どものいびき対策は、親の責任です。健康な心身の発育を促すためにも、よく眠れる環境と体の状態にしてあげましょうね。


スポンサーリンク

関連ページ

乳児が無呼吸になる原因とは
無呼吸の症状は多くの場合、6カ月ないし7カ月で生まれた未熟児に見られます。未熟児で生まれた場合、体の各部がまだ成長段階にあります。その一つとして、脳にある呼吸中枢が十分に成長していないわけですね。その場合、呼吸中枢が体内の二酸化炭素と酸素のバランスを認識するのに時間がかかってしまい、睡眠中の呼吸するリズムが不安定になって呼吸が止まることがあるのです。
寝る子は育つ!子どもの無呼吸チェックポイント!
子どものいびき対策は重要です。子どもの人生を左右するくらいに大切なことです。たかがいびきと侮らず、しっかり対策をすることが親の務めですよね。成長過程にある子どものいびきは、実は大人よりもたちが悪いんですね。子どもの心と体の発育に深刻な影響を及ぼすことがあるからです。
鼻づまりによるいびきに有効?子どもと飲みたい「なたまめ茶」
子どものいびきが恐ろしいということは、ご紹介しましたね。特に、のど周囲に異常がなく、鼻づまりによるいびきの場合は、投薬治療が一般的で、体質改善が最重要ということになります。根気よく、長期的な治療を行っていくことが不可欠になります。今回は、いびき対策というよりも鼻水対策について紹介したいと思います。
幼児も枕に気を付けたい睡眠時の無呼吸
無呼吸症候群は肥満の男性だけの問題ではありません。幼児や小児であっても睡眠時無呼吸症候群になる可能性があります。幼児も小児も睡眠というのは非常に重要な時間です。成人でも気が付きにくい無呼吸症候群に幼児や小児が気付くわけはありませんので、親は特別に気を使う必要があります。
子供の無呼吸症候群では枕を調整するのが効果的
睡眠時無呼吸症候群は、特に子供の場合には保護者が気づかないまま放置されてしまうケースが多いため、注意が必要です。子供が異常に大きないびきをかいてときどき呼吸が止まっていることがあり、睡眠時無呼吸症候群を疑った方がいいでしょう。快眠グッズ専門店で良い枕を選んで、子供に与えるようにしましょう。