鼻づまりによるいびきに有効?子どもとともに飲みたい「なたまめ茶」

鼻づまりによるいびきに有効?子どもとともに飲みたいお茶

子ども鼻水,いびき,なたまめ茶

子どものいびきが恐ろしいということは、ご紹介しましたね。特に、のど周囲に異常がなく、鼻づまりによるいびきの場合は、投薬治療が一般的で、体質改善が最重要ということになります。

 

根気よく、長期的な治療を行っていくことが不可欠になります。

 

今回は、いびき対策というよりも鼻水対策について紹介したいと思います。

 

私にもちびっこが2人(4歳と2歳)いて、どちらも鼻水ずるずるです。

 

睡眠障害が出ている感じはありません。(私自身、いびきがひどくCPAPで治療中です。一緒に寝ていないので、実はよくわかっていない・・・)

 

ただ、この鼻水が将来的に睡眠にも影響を及ぼす可能性があると知った今、対策しないわけにはいきません。

 

そんな私が最近子どもと一緒に試しているのが「なたまめ茶」です。


なたまめ茶はどこで買えるの?

子ども鼻水,いびき,なたまめ茶

ドラッグストアや、通販で購入することができます。

 

普段の生活の中で水分補給は絶対に必要なので、その際にこのお茶を飲むことができれば、鼻水の改善に役立つのではないかなと考えて始めてみました。

 

この「なたまめ茶」は麦茶のようにティーバッグに入っていて、水出しでもお湯出しでもどちらでも抽出することができます。

 

作ることは簡単です。飲み口もまあ、悪くありません。


これからの季節はなたまめ茶は飲ませやすいかも?

子ども鼻水,いびき,なたまめ茶

ただ、子どもにこれを飲ませるのは一苦労です。

 

普段から、あんまりお茶を飲む習慣がなかったもので、いきなり飲ませようと思ってもなかなか飲んでくれません。

 

そこで、考えたのが、外で遊んでいるときの水筒に入れて持っていく方法です。

 

これならば、確実に飲んでくれます。

 

いつも、外に遊びに行ったら、適当にジュースとか買っていました(おいおい!)。

 

最近は、水筒にこのお茶をいれて持ち運んでいます。

 

これからの季節は水筒からの水分補給で、問題なく「なたまめ茶」を飲ませることができそうです。


子どもとの接し方を見直すいいきっかけになるかも?

子ども鼻水,いびき,なたまめ茶

「なたまめ茶」を購入し、これを子どもたちに飲ませようと考えたときに、私が子どもたちに悪い生活習慣をつけていたなと反省する点が見えてきました。

 

それは、今まで、麦茶よりもジュースを与えまくっていたことです。

 

子どもたちに迎合しちゃう親父ならではですけども、子どもの健康を考えたらジュースより麦茶、麦茶よりなたまめ茶ですよね?

 

わかっちゃーいるけど、実際にやるのは難しい。

 

なたまめ茶で子どもの鼻水対策を行うことで見えてきた、親父の反省点でした。

 

しばらくなたまめ茶を続けてみて、子どもの鼻水に変化があったらまたレポートしたいと思います。

 

こちらの記事も参考にしてみてください↓
いびき対策に重要な鼻づまりの解消。「なたまめ茶」のご紹介


スポンサーリンク

関連ページ

子どものいびきを甘く見ちゃダメ!人生を左右する事態にも!
子どものいびき対策は重要です。子どもの人生を左右するくらいに大切なことです。たかがいびきと侮らず、しっかり対策をすることが親の務めですよね。成長過程にある子どものいびきは、実は大人よりもたちが悪いんですね。子どもの心と体の発育に深刻な影響を及ぼすことがあるからです。
乳児が無呼吸になる原因とは
無呼吸の症状は多くの場合、6カ月ないし7カ月で生まれた未熟児に見られます。未熟児で生まれた場合、体の各部がまだ成長段階にあります。その一つとして、脳にある呼吸中枢が十分に成長していないわけですね。その場合、呼吸中枢が体内の二酸化炭素と酸素のバランスを認識するのに時間がかかってしまい、睡眠中の呼吸するリズムが不安定になって呼吸が止まることがあるのです。
寝る子は育つ!子どもの無呼吸チェックポイント!
子どものいびき対策は重要です。子どもの人生を左右するくらいに大切なことです。たかがいびきと侮らず、しっかり対策をすることが親の務めですよね。成長過程にある子どものいびきは、実は大人よりもたちが悪いんですね。子どもの心と体の発育に深刻な影響を及ぼすことがあるからです。
幼児も枕に気を付けたい睡眠時の無呼吸
無呼吸症候群は肥満の男性だけの問題ではありません。幼児や小児であっても睡眠時無呼吸症候群になる可能性があります。幼児も小児も睡眠というのは非常に重要な時間です。成人でも気が付きにくい無呼吸症候群に幼児や小児が気付くわけはありませんので、親は特別に気を使う必要があります。
子供の無呼吸症候群では枕を調整するのが効果的
睡眠時無呼吸症候群は、特に子供の場合には保護者が気づかないまま放置されてしまうケースが多いため、注意が必要です。子供が異常に大きないびきをかいてときどき呼吸が止まっていることがあり、睡眠時無呼吸症候群を疑った方がいいでしょう。快眠グッズ専門店で良い枕を選んで、子供に与えるようにしましょう。