幼児も枕に気を付けたい睡眠時の無呼吸

小児の睡眠時無呼吸症候群の原因は?

一般的に、肥満体型の方が睡眠時無呼吸症候群になりやすいのですが、小児の場合は様子が異なります。

 

つまり、肥満体型でなくても睡眠時無呼吸症候群になるのです。

 

理由としてはアデノイド・口蓋扁桃肥大が挙げられます。

 

咽頭扁桃は3歳から6歳で、口蓋扁桃は5歳から7歳で最も大きくなり、その後徐々に小さくなります。

 

扁桃が大きくなることで、上気道が閉塞していき小児だとしても大きないびきをかくことになります。

 

小児の睡眠時無呼吸症候群の症状

子ども,睡眠時無呼吸症候群,対策

いびき、喉の渇き、倦怠感などの成人と同じような症状が出るほか、集中力の低下、落ち付きがなくなる、人格変化、乳幼児の場合、乳幼児突然死症候群での死亡というのもあります。

 

睡眠というのは、小さな子供になればなるほど重要なものとなります。

 

それが睡眠時無呼吸症候群によって浅い眠りの時間が長くなることで、精神面の成長が鈍くなる、低身長、肥満、おもらし癖の原因となります。

 

睡眠中には成長ホルモンが分泌されるのですが、その分泌量が乱れますので、健全な発育に問題を及ぼすことになるのです。

 

大人は子供の睡眠状態を把握して、少しでも睡眠時無呼吸症候群の傾向があるのであれば、病院へ行くことをお勧めします。

 


子どもの睡眠時無呼吸症候群の病院は何科を受診?

子ども,睡眠時無呼吸症候群,対策

小児科、耳鼻科咽頭科、そして専門の睡眠障害の病院があります。

 

そこで相談と適切な検査というものを受けることが出来ます。もし、気になる場合、睡眠中の呼吸状況をビデオによって記録しておくことも有効です。

 

成人の場合は、枕へ傾斜をつけるということで、ある程度の睡眠時無呼吸症候群の改善効果を発揮します。

 

専用の枕も販売されています。枕の交換で小児の場合もある程度の効果を期待することができますが、小児科へかかることで歯科装具というのが軽度の治療法として勧められることがあります。

 

この装具というのは下顎を前方に固定するものです。

 

舌顎を固定することで、睡眠中でも上気道が閉塞される可能性を低くすることが出来ます。

 

中度と重度になりますと手術が必要になる可能性もありますので、早期の治療というのが極めて有効といえます。


スポンサーリンク

関連ページ

子どものいびきを甘く見ちゃダメ!人生を左右する事態にも!
子どものいびき対策は重要です。子どもの人生を左右するくらいに大切なことです。たかがいびきと侮らず、しっかり対策をすることが親の務めですよね。成長過程にある子どものいびきは、実は大人よりもたちが悪いんですね。子どもの心と体の発育に深刻な影響を及ぼすことがあるからです。
乳児が無呼吸になる原因とは
無呼吸の症状は多くの場合、6カ月ないし7カ月で生まれた未熟児に見られます。未熟児で生まれた場合、体の各部がまだ成長段階にあります。その一つとして、脳にある呼吸中枢が十分に成長していないわけですね。その場合、呼吸中枢が体内の二酸化炭素と酸素のバランスを認識するのに時間がかかってしまい、睡眠中の呼吸するリズムが不安定になって呼吸が止まることがあるのです。
寝る子は育つ!子どもの無呼吸チェックポイント!
子どものいびき対策は重要です。子どもの人生を左右するくらいに大切なことです。たかがいびきと侮らず、しっかり対策をすることが親の務めですよね。成長過程にある子どものいびきは、実は大人よりもたちが悪いんですね。子どもの心と体の発育に深刻な影響を及ぼすことがあるからです。
鼻づまりによるいびきに有効?子どもと飲みたい「なたまめ茶」
子どものいびきが恐ろしいということは、ご紹介しましたね。特に、のど周囲に異常がなく、鼻づまりによるいびきの場合は、投薬治療が一般的で、体質改善が最重要ということになります。根気よく、長期的な治療を行っていくことが不可欠になります。今回は、いびき対策というよりも鼻水対策について紹介したいと思います。
子供の無呼吸症候群では枕を調整するのが効果的
睡眠時無呼吸症候群は、特に子供の場合には保護者が気づかないまま放置されてしまうケースが多いため、注意が必要です。子供が異常に大きないびきをかいてときどき呼吸が止まっていることがあり、睡眠時無呼吸症候群を疑った方がいいでしょう。快眠グッズ専門店で良い枕を選んで、子供に与えるようにしましょう。